自家焙煎珈琲豆販売・自家焙煎コーヒー豆通販

珈琲屋 つの笛

コーヒーブレイク 薔薇と イングリッド バーグマンと カサブランカ・・・のお話 カフェイスト宣言。自家焙煎珈琲豆屋 つの笛 カフェイスト紹介・音楽家紹介,カフェイスト宣言。つの笛,花小金井,サロンコンサート本格コーヒー豆|自家焙煎珈琲豆販売|コーヒー豆通販|オンラインショップ|美味しいコーヒー豆
  • コーヒーブレイク 薔薇と イングリッド バーグマンと カサブランカ・・・のお話 カフェイスト宣言。自家焙煎珈琲豆屋 つの笛 カフェイスト紹介・音楽家紹介,カフェイスト宣言。つの笛,花小金井,サロンコンサート本格コーヒー豆|自家焙煎珈琲豆販売|コーヒー豆通販|オンラインショップ|美味しいコーヒー豆
  • コーヒーブレイク 薔薇と イングリッド バーグマンと カサブランカ・・・のお話 カフェイスト宣言。自家焙煎珈琲豆屋 つの笛 カフェイスト紹介・音楽家紹介,カフェイスト宣言。つの笛,花小金井,サロンコンサート本格コーヒー豆|自家焙煎珈琲豆販売|コーヒー豆通販|オンラインショップ|美味しいコーヒー豆
  • コーヒーブレイク 薔薇と イングリッド バーグマンと カサブランカ・・・のお話 カフェイスト宣言。自家焙煎珈琲豆屋 つの笛 カフェイスト紹介・音楽家紹介,カフェイスト宣言。つの笛,花小金井,サロンコンサート本格コーヒー豆|自家焙煎珈琲豆販売|コーヒー豆通販|オンラインショップ|美味しいコーヒー豆
  • コーヒーブレイク 薔薇と イングリッド バーグマンと カサブランカ・・・のお話 カフェイスト宣言。自家焙煎珈琲豆屋 つの笛 カフェイスト紹介・音楽家紹介,カフェイスト宣言。つの笛,花小金井,サロンコンサート本格コーヒー豆|自家焙煎珈琲豆販売|コーヒー豆通販|オンラインショップ|美味しいコーヒー豆
  • コーヒーブレイク 薔薇と イングリッド バーグマンと カサブランカ・・・のお話 カフェイスト宣言。自家焙煎珈琲豆屋 つの笛 カフェイスト紹介・音楽家紹介,カフェイスト宣言。つの笛,花小金井,サロンコンサート本格コーヒー豆|自家焙煎珈琲豆販売|コーヒー豆通販|オンラインショップ|美味しいコーヒー豆
コーヒーブレイク 薔薇と イングリッド バーグマンと カサブランカ・・・のお話 カフェイスト宣言。自家焙煎珈琲豆屋 つの笛 カフェイスト紹介・音楽家紹介,カフェイスト宣言。つの笛,花小金井,サロンコンサート本格コーヒー豆|自家焙煎珈琲豆販売|コーヒー豆通販|オンラインショップ|美味しいコーヒー豆

コーヒーブレイク

コーヒーブレイク 薔薇と イングリッド バーグマンと カサブランカ・・・のお話 カフェイスト宣言。自家焙煎珈琲豆屋 つの笛 カフェイスト紹介・音楽家紹介,カフェイスト宣言。つの笛,花小金井,サロンコンサート本格コーヒー豆|自家焙煎珈琲豆販売|コーヒー豆通販|オンラインショップ|美味しいコーヒー豆

薔薇と イングリッド バーグマンと カサブランカ・・・のお話

ペニンシュラから見た皇居と日比谷公園.jpg東京のど真ん中、有楽町駅からビル街を抜け、
ペニンシュラホテルの交差点に立つと、
右に皇居の緑・・・、
左に日比谷公園の緑が・・・眩しい

バラ芳純と帝国ホテル.jpg国会議事堂を始め、日本の中枢官庁に囲まれた広大な公園には、
バラが咲き乱れ、車の騒音や都会の喧騒から遮断され
とても静かに 緑が広がっています

イングリッド・バーグマン バラ苗.jpg爽やかに晴れた五月
色とりどりに咲き乱れるバラの中で
この赤いバラが最初に目に留まりました


イングリッドバーグマン 珈琲ブレイク.jpg

バラの足元には『イングリッド バーグマン』と書かれています

イングリット バーグマン.jpgそう、この赤いバラは、
あの大女優イングリッド バーグマンに捧げられたバラのようです

カサブランカ・イングリット バーグマン.jpgイングリッド バーグマンと言えば映画『カサブランカ』


「君の瞳に乾杯」・・・ ハンフリーボガートのキザな台詞と共に、
あの「Play it, Sam.  Play "As Time Goes By"」 という彼女の台詞が浮かんできます

イングリット バーグマン・時の過ぎゆくままに.jpg"As Time Goes By" ・・・日本での題名は『時の過ぎゆくままに』

おっと! 沢田研二さんの曲じゃありませんよ!!(笑)

沢田研二ボギー風.jpg沢田研二さんと言えば、けっこうカサブランカの時代を意識していたように感じます。

『勝手にしやがれ』の この写真もハンフリー ボガート(ボギー)のカサブランカを意識していますし、
ヒット曲『時の過ぎゆくままに』のタイトルは、そのものズバリです(笑)

『憎みきれないろくでなし』の歌詞などは

 " 昨日は昨日で どこかで浮かれて
  過ごしたはずだが 忘れてしまったよ・・・" とか、

 " 明日は明日で 楽しいだろうが
  あまりに遠くて 予想もできないよ・・・" など、


これらの言い回しは、回想の中でのボギーとバーグマン、逆転した現在の状況のバーグマンとボギーの会話です

バーグマン「ゆうべは どこにいたの?」
ボギー   「そんな昔のことは 覚えてないね」


バーグマン「今夜、会ってくれる?」
ボギー  「そんな先のことは わからない・・・」

『カサブランカ ダンディ』の歌詞にいたっては、

「ボギー! ボギー! あんたの時代は良かった!!」と、名指しで叫んでいます(笑)

可愛い人よ・コーヒーブログ用.jpg

もっともこれらは沢田研二さんと言うよりは、作詞家の阿久悠さんの憧れかもしれません。


これらの沢田研二さんの楽曲は、阿久悠さんと元スパイダーズの大野克夫さんのコンビで作られました。


遥か昔、DISCOの時代に一世を風靡した『可愛いひとよ』もこの二人のコンビで作られたのですよ。


・・・・ 話がバーグマンから逸れましたね(笑)

ABBA アバ ダンシングクイーン.jpg

イングリッド バーグマンは1915年スウェーデンのストックホルムで生まれました。


スウェーデンと言えば、DISCO時代にアバが外貨を稼ぐまでは、
ボルボとバーグマン、そしてノーベル賞の国と言われてたくらいです(笑)

イングリッド バーグマン バラ苗burogu.jpgイングリッド バーグマンは、ヒッチコック監督のお気に入りで、3本の作品に出演しています。


その一つ ケーリー グラントと共演した『汚名』

イングリッドバーグマン 汚名.jpgバーグマンは、毒入りコーヒーを飲まされてしまいます


コーヒーブレイクの話題に毒入りコーヒーは、いささかマズイと思うのですが・・・(笑)


今日は、イングリッド バーグマンの美しさに翻弄されてしまい、何を書いているのか・・・
私にも解らなくなってしまいました(笑)


支離滅裂なお話を もう一度『カサブランカ』に戻しまして・・・

イングリット バーグマン 頬杖.jpg1982年8月29日イングリッド バーグマンは、自分の誕生日の日に この世を去りました。


その1982年にバーティ  ヒギンズの唄う『カサブランカ』が全米でヒットしました。


日本でのヒットをアシストしたのが郷ひろみさん・・・
『哀愁のカサブランカ』として この曲は大ヒットしました♪


実は、この『哀愁のカサブランカ』がリリースされたのが7月17日。
バーグマンは、その約一ヶ月後に病気でこの世を去りました。
不思議な偶然だったのですね。



バーティ ヒギンズのカサブランカの詩は、哀愁を帯びて とても素晴らしいものでして・・・
それもそのはず、彼はあの偉大な詩人ゲーテの子孫だったのです!

カサブランカ バラ苗用.jpgカサブランカ・・・ポルトガル語、スペイン語で『白い家』の意味。

このカサブランカの街並みの画像は、「なるほど!白い家だ~!」と思えたので、ネットから無断で借りてきちゃいました<(_ _)>ごめんなさい


カサブランカは、モロッコ最大の都市です。


モロッコにはイスラム圏独特のコーヒー文化があります。
今回のコーヒーブレイクは、『バーグマン』と『カサブランカ』中心の とりとめのないお話しですので、珈琲のウンチクは止めておきましょう。

イングリッド バーグマン バラ苗.jpg都会の真ん中、日比谷公園で出会った気高く美しいバラ『イングリッド バーグマン』


最後にカサブランカの有名な台詞を借りて今回のコーヒーブレイクを締めたいと思います。


『世界中に星の数ほどコーヒーブログがあるのに・・・・
 つの笛コーヒーに寄ってくれてありがとう・・・・ 』


 とりとめのない話を 最後までお読み下さり、ありがとうございました(*^。^*)


p5091027~3.jpg

 

コーヒーブレイク 薔薇と イングリッド バーグマンと カサブランカ・・・のお話 カフェイスト宣言。自家焙煎珈琲豆屋 つの笛 カフェイスト紹介・音楽家紹介,カフェイスト宣言。つの笛,花小金井,サロンコンサート本格コーヒー豆|自家焙煎珈琲豆販売|コーヒー豆通販|オンラインショップ|美味しいコーヒー豆
  • 買い物カゴの中を見る
  • マイページへログインする

コーヒーを選ぶ

お買物について

合意事項